モグニャンとカナガン比較☆どっちがいいの?成分やコスパはどうなの?

愛猫の健康管理に重要な毎日のキャットフード選びは飼い主にとって頭を悩ませる問題です。

ネットで人気の高いモグニャンカナガンはどちらの方が良いのでしょうか?

成分やコスパなどを詳しく比較してみました!

 

モグニャンとカナガン比較

モグニャン

↓ ↓ ↓

モグニャン公式

特徴

愛猫の健康と食い付きを第一に考えて開発されたキャットフード。

全成分

白身魚(65%)、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

猫の大好きな白身魚が主成分で64%も配合されています。

また、防腐剤・酸化防止剤など猫の身体に良くない人工添加物は一切使用されていません。

コスパ

モグニャンの通常価格3980円(1・5kg)

定期コース3564円(1・5kg)

【1g当たりの価格】

⇒2.64円(通常価格)

⇒2.37円(定期コース)

成猫(3・5kg~5kg)に与える給餌量を1日のコスパで換算すると

成猫の体重/3.5~5kg

1日の給絵量/55~70g

【1日のコスパ】

145.2円~184.8円(通常購入)

130円~165.9円(定期コース)

モグニャンは他のキャットフードの価格と比較しても特別高額というわけではありません。

また、公式サイトのまとめ買いでは通常価格より最大20%オフで購入することが出来るので、よりコスパを良くしたい方はぜひ検討してください。

デメリット

食べこぼしが増える

モグニャンは通常のフードより粒が小さいので、猫の舌ですくいあげ舌ですくいあげる時に歯の隙間からポロッと落ちてしまいがち。

しっかり噛んで食べたい派の猫ちゃんでは、食べづらさから途中で食いつきが落ちてしまうこともあるようです。

メリット

全ステージ対応!

全ステージ対応なので子猫からシニア猫まで食べられます。

また、粒が小さめなので噛む力が弱い子でも比較的食べやすいです。

肉にアレルギーがある猫でも食べられる!

白身魚が主成分なのでお肉にアレルギーがある猫にとっても、モグニャンは安心して食べられるキャットフードといえます

安全性が高い!

モグニャンはBHA、BHTなどガンのリスクが高い酸化防止剤や、アレルギー性皮膚炎を引き起こす着色料、香料など、猫の健康を害するような人工添加物は一切含まれていません。

また、穀物は一切不使用で吸収の早い炭水化物を抑えていますので、高血圧、糖尿病などのリスクが抑えられます。

モグニャンを実際に使用した方の口コミ

悪い口コミ
あまり変わらない/20代男性

口コミが高評価だったのでモグニャンを購入してみたのですが、他のキャットフードの食い付きとあまり変わらないような気がします。

良い口コミ
食いつきはすごく良い/40代男性

ウチの子猫は好き嫌いが結構激しいのですが、モグニャンの食いつきはすごく良いです!

モグニャンの原材料について詳しく見てみると、野菜がバランス良く配合されているので安心しました。

ストルバイト尿路結石予防になるクランベリーも入ってるみたいで嬉しいです。

皮膚病が綺麗に治った/30代女性

モグニャンを購入し、良く食べるので姉の家の猫ちゃんにも分けてあげたら、長年悩んでいた皮膚病が綺麗に治ったので本当にビックリしました!

早速注文して分けています。きっと今までのキャットフードの成分にアレルギー反応を起こしてたんでしょうね。

モグニャンに出会って本当に良かったです!

うちの猫ちゃんも白身魚の風味が気に入ってモグニャン喜んでたべています!

成分が安心ですし、うちの猫ちゃんも姉の猫ちゃんも毛艶も良くなり大変満足しております。

皮膚病で悩んでる猫ちゃんに是非試してあげてくださいね。

 

カナガン

↓ ↓ ↓

カナガン公式

特徴

カナガンのキャッチフレーズは「最高レベルの美味しさとベストな栄養バランス」

成分

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏油4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

カナガンは猫に有害な人工添加物を一切使用していません。

かわりに香料や調味料には「チキングレイビー」「アニスの実」「セイヨウハッカ」が使用されています。

保存料は「ビタミンE」が採用されています。

コスパ

カナガン通常価格3960円(1・5kg)⇒1kg当たり2・64

定期コース3564円(1・5kg)⇒1kg当たり2・37

成猫の一日の給餌量

猫の体重/3・5~4・5kg

一日の給絵量/40~60g

一日当たりのコスパ

105円~158円(通常価格で購入した場合)

94円~142円(定期コースで購入した場合)

カナガンは他のキャットフードの価格と比較しても特別高額というわけではありません。

また、公式サイトでは通常価格より最大20%オフになるまとめ買いサービスなどのまるので、よりコスパを良くしたい方は利用を検討してください。

デメリット

シニア猫には向かない

カナガンは全ステージ対応をうたっていますが、高タンパクフードなので腎臓や肝臓が弱っているシニア猫には負担になってしまう場合があります。

愛猫が高齢ならば、給餌量を調整したり臓器の健康チェックを定期的に行ったりしてあげてくださいね。

メリット

バランスが良く愛猫の健康に効果的!

カナガンは毛ヅヤ改善や腸内環境を整える効果のある食材を豊富に使用しており、全体的にバランスの良いキャットフードといえます。

生産者を調べられる

カナガンは国際規格の工場で作られているので、それぞれの商品に製造番号があり、それを辿っていくことによって、生産者を割り出すことが可能となっています。

自分の愛猫が食べている物をどんな人が作っているのか調べられるのは飼い主として安心できますね。

嗜好性が高いのでおやつ代わりになる

食事の他にたまに愛猫に与えるおやつにも気を配る飼い主さんは多くいます。

カナガンは嗜好性が高いので、数粒をおやつとして与えることが可能なのでわざわざ別におやつを購入する必要がありません。

実際にカナガンを使用した方の口コミ

悪い口コミ
匂いが気になった/20代女性

猫はとても喜んで食べてくれたのですが…どうも匂いが気になってしまって。

人間と猫の美味しそうな匂いは違うんですね。

良い口コミ
年齢や猫種に関係なく与えられる/50代女性

うちは昔からずっとカナガンを使用していますが、年齢や猫種に関係なくガツガツ食べてくれます。

多頭飼いですが、みんな美味しそうに食べてくれます。

カナガンは年齢や猫種に関係なく与えられるので飼い主としても助かっています。

食器の前で待つくらいご飯が大好き/30代女性

うちの子はご飯の時間が一番好きなよう。

食事の時間になるといつも食器の前で待つくらいご飯が大好きです。

一時、FLUTDに悩まされ療法食にしていましたが無事カナガンに戻れました。

大好きなカナガンをまた食べれるようになって嬉しそうです。

 

まとめ

・安全性が高いキャットフードならモグニャン。

・1日当たりのコスパならカナガンの方が良い。

・カナガンはシニア猫や腎臓や肝臓が弱っている猫には向かないので注意が必要。

・モグニャンの方が栄養バランス・安全性・食い付き含めて優れている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です